SEO対策 meta name=”description”はどう記述するのがいいか?

SEO対策 meta name=”description”はどう記述するのがいいか?

meta name=”description”はSEO的にとても大事です!

  • 色んなところにmeta name=”description”の記述方法が書いてますが、切り込んで説明しているのはあまりありませんね。
  • 最強SEOのWordpressテーマと称するテーマだってmeta name=”description”については未設定であったりありきたりの設定になっています。
  • そこで、meta name=”description”のSEO的な基本の考え方をお教えします。
  • とは言っても、簡単なものではありません。
  • 基本パターンが主に3パターンあります。
  • パターンA=投稿タイトルそのまま
    パターンB=投稿タイトル+トップページタイトル(順序を逆にしてはいけません。あくまで投稿タイトルが前です。)
    パターンC=投稿タイトル+トップページタイトルをコンパクトにしたフレーズ
    ※ツリー階層が深い場合には、階層によりパターンBとパターンCを使い分ける
  • サイトの規模・キーワード数・階層の深さ・サイトテーマの種類・競合サイトのSEO強度等々により三つのパターンを使い分けることになります。
  • ちなみに、このサイトの場合にはパターンAとしています。
  • 制作スキルが初級の方は全てにパターンCを採用されると良いでしょう。
  • 制作スキルが上級の方は階層毎に使い分けてください。
  • WordPressで制作する場合なら以上のパターンを使い分けるのはテンプレートにphpを配置すれば直ぐに実現できます。
    この点が「WordpressがSEOしやすい」という理由の一つです。
  • Googleはサブページも重要視するので、こういうきめ細かい設定が最後の決め手になることが多いですよ。
    これによって11位が10位になったりします。11位と10位の差は大きいですね!
  • 詳しくお知りになりたい方は →SEO電話相談 でもお教えします。