SEO対策|ロングテールキーワードとアクセス数

  • アクセス数を増やす為に、ロングテールキーワードを多種類多数設定してホームページを制作するのはとても有力です。
  • しかし、そう簡単単純ではありません。
  • それは、ホームページのジャンルによるからです。
  • SEO対策のアマチュアの方が分かりやすく大まかに分類しますと、
    【Aパターン】:とにかくロングテールキーワードを多種類多数設定して、毎日のアクセス数を増やすことで成果につながるジャンル
    【Bパターン】:「成果につながるロングテールキーワード」を細かく吟味して設定しておき、アクセス数が少なくても「成約率が高いように」しておくジャンル
    に分かれます。
  • 実際に弊社で管理させていただいているホームページの中には、
    【Aパターン】:アクセス数(ユニークユーザー)が約150で、お問合せか見積り依頼数は2週間に1件ペース
    【Bパターン】:アクセス数(ユニークユーザー)が約50で、お問合せか見積り依頼数は3日に1件ペース
  • これからも分かりますように、「とにかくアクセス数を増やす」という方向では、「アクセス数は増えたけれど有効お問合せや見積り依頼が増えない」ということになりかねません。
  • 高度なSEO対策手法では、
    1.吟味してキーワードを選択して
    2.さらに、成果につながりやすいキーワードを絞り込んで
    3.それぞれを組合わせしたロングテールキーワードページを多数作成し
    4.ホームページ内リンク構造を手厚くしておく
    ことを行っております。
  • この「ロングテールキーワードを活かすSEO対策手法」では吟味したページを増やすことになりますので、ページ作成料が高額になります。
    1ページにつき約2,000円(内容の質量により異なります。)で、100ページ作成すると200,000円になります。
    しかし、「リンク対策が主なSEO」に同額をお支払いの場合と比べてみてください。
    ページを作成しておけば、長期間に渡って活きてきます。
    その時だけのSEO対策費に200,000円使われるよりも、長期間活きているロングテールキーワードページ作成の方が、圧倒的にお得になります!