WordPressでSEOする前に押さえておきたいSEO基本スキルNo.2

キーワードの選択からキャッチコピーの作成方法

  • クライアントさんが何をしたいのかしっかりと聞いて文章にしてみる
  • ポイントは「どこで」「何を」「どうする」
  • 例1:「大阪府堺市の電気工事会社さんが、住宅用太陽光発電の見積り依頼をWebサイトで得たい。対象エリアは○○市○○市○○市…」
    例2:「全国を対象に、シャンデリアを中心にLEDなどの照明器具の通販をしたい」
  • キーワードのピックアップ
    SEOプロはキーワードツールなどを使用して様々にピックアップしますが、一般的には検索結果ページ下の「関連する検索キーワード」から、「クライアントさんが期待する結果を得やすいキーワード」をピックアップすれば良いです。
  • 例1:「太陽光発電」「太陽光発電工事」「太陽光発電工事見積り」「住宅用太陽光発電」でGoogle検索した場合の「関連する検索キーワード」からピックアップ
    太陽光発電→「価格」「補助金」「メーカー名」
    太陽光発電工事→「費用」「価格」「工事業者」「工事」
    太陽光発電工事見積り→「費用」「価格」「工事費」
    住宅用太陽光発電→「価格」
  • 例2:「照明器具」「シャンデリア」「照明器具通販」「シャンデリア通販」でGoogle検索した場合の「関連する検索キーワード」からピックアップ
    照明器具→「メーカー名」
    シャンデリア→「照明」「激安」
    照明器具通販→「激安」「メーカー名」
    シャンデリア通販→「激安」
  • 以上の結果を参考に必要となるキーワードを列記します。
    ※この際に、そのジャンルの専門家であるクライアントさんのご意見も取り入れることも必須です。
  • 例1:「太陽光」「発電」「工事」「価格」「見積り」「大阪府」「堺市」
    例2:「シャンデリア」「激安」「通販」「照明器具」「販売」
  • ロングテールキーワードも考慮します!<重要>
    ※ロングテールキーワード=「検索数がとても少ないがコンバージョン率が高い」キーワード
    ※参考→あなたのロングテールキーワードSEOは間違っている(海外SEO情報ブログさんより)(別窓表示)
  • 上記を元にキャッチコピーの作成をします。
    ※先頭から優先キーワードを配置します。
    ※約30文字以内
  • 例1:「住宅用太陽光発電工事価格お見積りは大阪府堺市の+屋号又は会社名」
    →訳があって改良「太陽光発電工事価格お見積りは住宅太陽光発電工事の大阪府堺市+屋号又は会社名」
    例2:「シャンデリアLED照明器具の激安通販販売+屋号又は会社名」
    →訳があって改良「シャンデリア激安照明器具LEDの通販販売+屋号又は会社名」
  • 主要「組み合わせキーワード」で実際に検索してみる
  •  ☆順位を確かめる時は「Googleパーソナライズド検索」にご注意!
    参考→「うちのサイト最近1位が多いな」←それ実は違います。…(Web担当者Forumさんより)(別窓表示)
  • 「太陽光発電工事」「太陽光発電工事 価格」「太陽光発電工事 大阪」「太陽光発電工事 堺市」
    「住宅太陽光発電工事」「太陽光発電工事 住宅」「太陽光発電工事 住宅用」
    「シャンデリア 激安」「シャンデリア 通販」「シャンデリア 販売」
    「照明器具 激安」「照明器具 通販」「照明器具 販売」