WordPressでWebサイトを制作するとSEOで有利か?

こちらの記事は、WordPress Advent Calendar 2013 の19日目の記事です。

  • 昨年からこのイベントに参加しておりまして、WordPressに関する興味深い記事が沢山ありますのでとても参考になります。
  • 弊社は、Webサイト制作とSEO対策を事業の柱にしておりまして、制作するホームページは全てSEO内部チューニング済でさせていただいております。
  • 数年前までは従来のhtml記述で制作しておりましたが、今はほぼ100%がWordPressでの制作です。
  • それは、一般に広まっている言い方をすると「WordPressがとてもSEO上有利」だからです。
  • ここで誤解があるのですが、「WordPressがとてもSEO上有利」というのは「WordPressで制作すれば自然に有利になっている」というのとは違います。
  • 「WordPressがとてもSEO上有利」というのは、「WordPressはとてもSEOしやすい」ということなんです。
  • それは、
    1.WordPressなら、「SEO内部チューニングポイント」を調整しやすい
    2.WordPressなら、phpやhtmlと場合によってはテキストを記述することでテンプレートファイルの調整をすれば一括でSEO調整できる箇所が多数有る
    ということなんです。
  • ですから、htmlサイトでは全ページを開いて調整していた作業がWordPressなら一括で済むので作業時間と労力を短縮できます。
    さらに、その節減できた時間と労力をより緻密なサイト調査やキーワード調査に振り向けることができます。
    ※緻密な事前調査をしないと本格的なSEOはできません。
  • WordPressで行う主な調整項目
    1.title
    2.description
    3.h1
    4.h1直下テキスト
    5.サイドバーへのキーワードを含むキャッチコピー記述
    6.メインカラムへのキーワードを含むキャッチコピー記述
    7.フッターへのキーワードを含むキャッチコピー記述
    ※通常は3種類のキャッチコピーを作成しておき、適当な箇所に配置します。
    8.パンくずナビなどによる内部リンク構造
    9.キーワードタグなどによるキーワード強調
    10.URL調整
    11.その他
    ※上記の項目では、ケースバイケースで細かく調整しなければならない事もあります。
  • 内部チューニングがしっかりとできれば、比較的外部リンクはシンプルでも効果があります。
    つまり、内部チューニングがSEOの基礎ということです。※下表をご参照ください。
  • 今や「WordPressSEO」というスキルも存在しています。
  • Webサイトは、広告やその他プロモーションを活用しない限りは、検索で上位表示しないと「公開しても誰も見に来ない」ことになりかねません。
  • しかも、単純に決めたキーワードで上位を目指すのではなく、「成果が上がるキーワード」で設定しなければなりません。
  • 「儲かる」「反響が大きい」等々を目指すのでしたら、ぜひWordPressSEOを習得してください。
  • 巷で流布されている「だろう」「たぶん」なSEOではなく、安全公正なSEOをするにはWordPressが最適です。
  • 弊社SEO専門サイト<もありますのでご参考に。
  • ご覧いただいてありがとうございました。

WordPressでSEO