WordPressでSEOする時に押さえておきたいSEO基本スキルNo.1

キャッチコピーをSEO的な重要箇所に配置

    • 重要箇所
      (1)title
      (2)meta description
      (3)h1
      (4)h1直下のテキスト
      (5)サイドバー
      (6)フッター
      (7)重要→コンテンツの質量が希薄な場合は効果が少なくなります!
      (8)デザイン性優先の場合は、(4)~(6)の内の一部を割愛して、残した方を手厚く行います。
      (9)レイアウトにより変形します。

seoの基本型

 

  • 「キャッチコピー1」「キャッチコピー2」「キャッチコピー3」を配置します。
  • 「キャッチコピー1」は「設定」→「一般」→「」に使います。
    テンプレートタグ<bloginfo( ‘name’ );>
    ※以下<>は<>に置き換えていますのでご注意
  • 「キャッチコピー2」は「設定」→「一般」→「」に使います。
  • 「キャッチコピー3」はコンテンツエリア中に使います。
  • 投稿タイトルテンプレートタグ<?php wp_title(); ?>も使用します。
  • 基本的な使用例は下記の通りですがケースバイケースもあります。
  • 参考↓(別窓表示)
    テンプレートタグ/wp title(WordPress Codex 日本語版)(別窓表示)
    テンプレートタグ/bloginfo(WordPress Codex 日本語版)(別窓表示)
  • トップページのtitle
    <title><?php bloginfo(‘name’); ?></title>
    サブページのtitle
    <title><?php wp_title(); ?><?php bloginfo(‘name’); ?></title>
    ※共通のheader.phpを使用している時は切り分けるスクリプトが必要です。
    ※トップページindex.php用、カテゴリートップページarchive.php用、投稿ページsingle.php用にヘッダーを分ける方法もあって、その場合はよりきめ細かい設定が可能になります。
  • トップページのmeta description
    <meta name=”description” content=”<?php bloginfo(‘name’); ?>です。” />
    サブページのmeta description
    <meta name=”description” content=”<?php wp_title(); ?>|<?php bloginfo(‘name’); ?>○○です。” />
    ※文字数が長くなり過ぎる場合は<?php bloginfo(‘name’); ?>=「キャッチコピー1」から「屋号又は会社名」などを除いて文字数半分くらいにした「短縮キャッチコピー」を作成して直にテキストで配置します。
  • トップページのh1
    <h1><?php bloginfo(‘name’); ?></h1>
    サブページのh1
    <h1><?php wp_title(); ?>|<?php bloginfo(‘name’); ?></h1>
    ※文字数が長くなり過ぎる場合は<?php bloginfo(‘name’); ?>=「キャッチコピー1」から「屋号又は会社名」などを除いて文字数半分くらいにした「短縮キャッチコピー」を作成して直にテキストで配置します。
  • フッター基本例1
    <h2><?php wp_title(); ?>|<?php bloginfo(‘name’); ?></h2>
  • フッター基本例2
    < h2><?php wp_title(); ?></h2>+フッター本文の一部に<?php bloginfo(‘name’); ?>を使用
  • 重要→全ページを同じフッターにすることは重要なSEO要素「各ページのオリジナルページテーマ」化にとってマイナスです。
  • キーワードタグ(タグクラウドに使うタグのこと)を設定することはSEOに有効です。
    ※過剰に使わないこと
    ※当然ですが!Webサイトのメインキーワードを設定すること
    ※カテゴリートップページと同等の値打ちがあります。